村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

≫ EDIT

其之壱「父」

『霧と雲に違いなどない。
山に雲がかかれば地上の人は雲だと言い、山中の人は霧だと言う。
大気に浮かぶか、地面に接しているか、定義の違いである』






男が江戸にやってきたのは、父の言いつけであった。

兄が元服前に他界した後まるで後備えをこしらえるように、父親は自分に商人としての教育を始めた。

「このように簡単に人は死に、そして忘れていくのか」

幼い頃の男の脳裏に、陽炎の様にこびり付いた想いであった。

それから時は経ち、
少々若いが器量としては店を継ぐに値する。しかしながら妻がおらぬ。
これまた兵糧をこしらえるように、父親は相手を探し始めた。
「準備が整うまでの暇を使い、江戸の商売をよくよく学べ。上州に戻れば即祝言、これで一安心」という塩梅なのである。

「それは羨ましい限りではないか。俺など若いうちに江戸に行く縁など巡ってこないかもしれん」
ともに商いを学んだ兄貴分までこのように言う始末である。
「私には実感がないのです。顔も知らぬ妻を娶り、一度は家を出される身だった自分が稼業を継ぐという」
「いつ出立するのだ」
気弱をいつも通りと流す辺り、男のことを良く理解している。
「本多のお殿様からお許しの書状が届き次第です」
「それは結構、先代の城主真田様のような気概で行けよ。折角だから吉原にでも寄ったらどうだ」
恰幅の良い身体で肩を叩かれ、男は困ったような笑顔を浮かべた。

「考えておきますよ、柿右衛門殿」

それから数日、関所にて出立する男の見送りに柿右衛門がやってきた。
「本当は共に行って頂きたい位です」
特有の、虚を見るような瞳で男は呟いた。
「なあに、俺は隠居したらお前の息子にでも連れてってもらうさ」
そんな先の話、と言いかけて男は止めた。この素っ頓狂な語り口で皆を笑わせるのが柿右衛門なりの優しさなのだ。
「それでは、行って参ります」
「うむ、達者でな」
別れを告げて、関所に向かう。
朝霧の掛かった中、まるで黄泉の国からの響くように、役人の声が届く。

「免状をこれへ。そして名乗られよ」


「沼田藩佐野名主基八郎が嫡男、佐野次郎兵衛に御座りまする」



「浮霧道中 -異聞・憂世彼方-」其之壱

| 舞台 | 03:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「憂世彼方」終演



劇団アニマル王子第20回公演
「憂世彼方-霧の花街宵乃籠釣瓶-」
盛況の中、幕を閉じることができました。関係各位、御来場頂いたお客様に厚く御礼申し上げます。

歌舞伎の原作にも登場し、主人公の父親という今までにない役柄への挑戦でした。
俺、もう父親役とかやる歳になっちまったんだな…

まあ、丸吉や羽林みたいなカッコよさは皆無でしたが(笑)
主役の核を成すキャラクターなので、まぁ物語全体での「縁の下の力持ち」であったならば僥倖です。

佐野次郎兵衛
息子は信じることを選び、彼はそれができなかった。
近くにあった愛に気付けなかった男。
狂気に目が行きがちだけれども、誰もが持ち得る弱さを体現した人。

向こうでお清、妻、長男(実はいたんです。妻より先に病死)と仲良くやりな。



29人も役者がいましたが、いつになく素敵な座組だったなぁ…
絡む役が少なくて勿体無く思った程に。

気が向いたらブログで思い出話しでもしましょうかね。

| 舞台 | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次回出演情報(3/19までトップ表示)

次回出演舞台

劇団アニマル王子 第20回公演

「憂世彼方 -霧の花街宵乃籠釣瓶-」

(うきよかなた -きりのはなまち よいのかごつるべ-)







【日程】

2017年3月15日(水)~19日(日)


15(水) 19:00

16(木) 14:00☆A/19:00

17(金) 14:00☆B/19:00

18(土) 14:00/19:00

19(日) 13:00/17:00★

☆A・・・終演後「HIMA-JIN(小林千紘・古家後里恵)」&「あちはち本舗(井家久美子・なかがわあつこ)」によるアフターイベントあり

☆B・・・終演後「ギリギリでガリガリ!(吉山博海・河合優)」による終演後アフターイベントあり

★・・・千秋楽バージョン特別カーテンコールあり



【チケット】

前売:3500円(前売り特典付)
当日:3800円
学割:2500円(要学生証提示)

 ※過去イベント特典による一部指定席を除き全席自由

※初日15日(水)公演のみ限定デザインチケット

ご予約はこちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=k198uu1mk2umr9a9


【場所】

築地本願寺ブディストホール

東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2F(築地本願寺を正面に右側 『レストラン紫水』と同入口)

メトロ日比谷線 築地駅 徒歩1分
メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩5分
都営浅草線 東銀座駅 徒歩5分
都営大江戸線 築地市場駅 徒歩5分


【あらすじ】

時は享保、徳川吉宗の時代。
下野国で絹問屋を営む佐野次郎左衛門は、生まれつきその顔に醜い痣がある。
母の言いつけを守りまっすぐに生きているものの、その醜さゆえに人から疎まれることも多かった。

ある日
次郎左衛門が商いで江戸・吉原に出向いた先で、橘屋お職・八橋花魁と出会い二人は一目で惹かれ合う。

一方、江戸の町は続く女郎斬りの噂で持ちきり。

陸奥国の降霊術師一族の血を引く女・竹原七美は、同心・羽林喜三郎にその力を見込まれ、女郎斬りの下手人を捕らえるために協力することになってしまう。
女郎斬りを調べている最中、七美は町で不思議な男を見つける。

その者の名は

「籠釣瓶(カゴツルべ)」

それは次郎左衛門の中に潜む、もうひとつの霊魂であった。

止まぬ女郎斬り
次郎左衛門と八橋の仲を良く思わぬ八橋の間夫・栄之丞の企み、次郎左衛門と籠釣瓶の悲しい過去…。
女たちの情念渦巻く吉原で、様々な人間達の想念が昏く深い霧のように次郎左衛門に忍び寄る。

その霧晴れたその時に
お天道様が照らすのは

市中騒がす女郎斬りか

人を愛する化け物か

| お知らせ | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広告




いつの間にかアパレルのひとになってた(笑)

| 日記 | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

役者ミーティング

今日も稽古オワタ!

稽古後、相手役のはちさんと役について話し合いできたんでよかったー

もちろんそれだけじゃなく、一緒した共演者の皆と楽しく飲みましたが(笑)




終電ギリギリやで。

明日も稽古だ頑張ろう。


劇団アニマル王子 第20回公演
「憂世彼方 -霧の花街宵乃籠釣瓶-」

【日程】
2017年3月15日(水)~19日(日)

15(水) 19:00
16(木) 14:00☆/19:00
17(金) 14:00☆/19:00
18(土) 14:00/19:00
19(日) 13:00/17:00★
☆終演後アフタートークイベント
★千秋楽特別カーテンコール

【チケット】
前売:3500円
当日:3800円
学割:2500円(要学生証提示)
一部を除き全席自由 ※過去イベント特典による一部指定席あり

【場所】
築地本願寺ブディストホール

東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2F(築地本願寺を正面に右側 『レストラン紫水』と同入口)

ご予約はこちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=k198uu1mk2umr9a9

| 日記 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT