村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柄握る手も好き好き

室伏選手、銅メダル!37歳で世界で三番目ってのは掛け値なしで凄いですね

彼は肉体の衰えと戦うため、効率よく力を発揮するために赤ちゃんの動きなどを取り入れたトレーニングを実践したそうです

元野球選手の桑田真澄さんも、古武術を習い野球に活かすなど「最小の動きで最大の力を発揮する」力の効率化というのが、身体を長く使っていくには重要なのかもしれませんね



殺陣をやっている我々は、言わずもがな刀という道具を使います

これは随分前にテレビで得た知識ですが、「握る」という行為は最適化すれば普段出し切れていない潜在的なパワーが発揮できるそうです

握り方は人それぞれ違いが有り、これを「パワーライン」といって以下に分類できます








大まかにいうと、
・手の平で握りこむか指の付け根で握りこむか
・真っ直ぐ持つか斜めに持つか
この2×2の4通りですね

自分に合った握り方をすれば体幹バランスや瞬発的な力が強化されるみたいです
テレビの実験では、両手にペンを握った人が片足立ちになって、他の人から押されてもバランスを崩しませんでした


傍から見るとゆるーく持っていても、実はその人の最良の持ち方だったりするわけです
ただギュッと握っているのが力強いというわけではないんですね


因みに僕は、付け根×真っ直ぐタイプが一番しっくりくるような気がします

皆さんのパワーラインはどれでしょう?
スポンサーサイト

| 日記 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuusukemurata.blog130.fc2.com/tb.php/714-b8715e77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT