村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1・2・3・4

前回殺陣稽古で初級者コースが始まり、新人剣士も増えてきました

みんな芸の幅を広げようとやる気に満ちています

僕もそうだったのですが、初めの頃はどうしても肩や腕に力が入ってしまうのですよ
殺陣に於いては、無駄な力は「刀に芝居をさせる」ことを阻害します
力ってのは必要最低限、「ここ」って所で発揮できればそれでいいんです



コレ実際の剣術にも同じようなことがいえるんですけどね

剣道の言葉に
「一眼二足三胆四力」
というのがあります

もともとは柳生石舟斎が残した言葉と言われてますので剣術の心得と言っていいでしょうね

剣に於いて大切なことが順番に書かれてます

一番大切なのは「眼」
相手の動きや思考を見破る洞察力といったところでしょうか

次に大切なのは「足」
踏み込み、足裁き・・・剣の根元は足にある、ということです

三番目は「胆」
度胸であり、ここ一番の瞬間に攻撃に転ずる決断力

最後にくるのが「力」
純粋にパワーともとれますが、技術力(テクニック)・技の力という意味合いの方が大きいのかもしれません


どうですか。「力」が一番最後なんです
そんでもってトップ3が攻撃の前のことを説いています

つまりは刀を振る前に勝敗は決しているわけですね



これもまた、現代のビジネスなんかにも応用できるのかもしれませんね

ほんと昔の剣豪は良い事ばっか言うんです(笑)
スポンサーサイト

| 日記 | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuusukemurata.blog130.fc2.com/tb.php/683-380c0473

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT