村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

想い耽る

ここ最近は殺陣稽古がお休みで、身体が鈍ってしまって仕方ありません

来週襲われるであろう筋肉痛に戦々恐々としてます


閑話休題

我々の殺陣稽古は、お芝居とはいえまがりなりにも「剣」を扱っている「道場」なので、稽古前には必ず黙想をします
小学生の時分、空手を習っていたときも、中高で剣道をやったときも、「黙想」をやっていました

一方、似た言葉に「瞑想」というのもありますね
剣道場によっては「黙祷」という言葉を使うところもあるようです

何が違うのか、気になって数年ぶりに国語辞典を開いてみました


・・・・・・が、載ってる項目が少なかったので、ITボーイの強い味方ウィキペディアで調べてみました

「黙想」:目を閉じて静かに自らの内面に深く沈思し、故人や神や自分の信じる信仰における絶対的な存在と触れ合い、故人への思いや人生、生きることの意味について思いをめぐらす行為

「瞑想」:心を集中させ、心身の静寂を取り戻すこと

「黙祷」:声を上げずに祈りを捧げること


こうしてみると普段やってる黙想って「瞑想」の方が意味が近いんじゃないの?と思ってしまうのですが

「黙想」も「瞑想」も日常的・宗教的に広義にわたるようでなかなか一言での解釈が難しい


いろいろ調べてみましたが

黙想→対象に対する集中
瞑想→意識解放からの実態取得

という見解が分かりやすいですかね


黙想は一つのことに集中してそれ以外をどんどん手放していく。瞑想は心を空っぽにして、無から生まれてくるイメージや感情を観察していく

っていう感じですか

いずれにしても短い時間でできることじゃあありませんよね(汗)

武道の稽古前後にできることは精々「呼吸を整え、心を落ち着け、集中力を高める」といったことくらいでしょうか



スポンサーサイト

| 日記 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuusukemurata.blog130.fc2.com/tb.php/673-8b105fab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT