村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

200年後

さあ、共演者紹介の続きです




このチームはメーンの南北朝時代から約200年後の戦国時代

真ん中の御方が信貴山弾正役の【佐藤一也】さん
流石の貫禄。最期のシーン、下げ緒でタスキがけをする様がカッコよくて、ソデでいつも見ていました

この信貴山弾正のモデルは戦国武将の松永久秀
平蜘蛛の茶器を進呈すれば助命するという申し出を断り、茶器に火薬を詰めて爆死するという壮絶な最期を遂げた人です
シーンにも出てきた大仏殿焼き討ちの黒幕ではないかという説もちゃんとあり
果心居士に妻の幻影を見せられたという記述も実際にあるそうです

右に居られるのが菊水正虎役の【神山一郎】さん
普段は人に演技を教える側にいる方ですが、今回時代劇初挑戦!
刀の納刀など、僭越ながらレクチャーさせて頂きました(笑)
本当にこの現場を楽しんでおられて、一緒にいると楽しくなる方です

最後にもう一人の主役、夢野と二蓋新座衛門の二役をこなした【図師光博】さん
図師ワールドとか図師組だとか、なんだか皆にその演技や立ち振る舞いをイジられていたズッシーさん
なかなかお話できる機会が無かったので、いつかまた共演したいですな

因みにこの新座衛門とは、松永久秀に仕えたとされる柳生新陰流の継承者、柳生石舟斎宗巌のことなのです
本編ではいいトコありませんでしたが、戦国乱世期でも指折りの剣豪とされる人物です

フィクションのなかにもこういった、史実の人物や出来事が混じっていると楽しいですね
スポンサーサイト

| 日記 | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuusukemurata.blog130.fc2.com/tb.php/609-7ca97998

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT