村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「浮霧道中」其之参「清」後


「確かに清久はウチの八重橋の新造ですがね」
立花屋の団次郎と名乗った番頭は、迷惑そうな表情を隠そうともしなかった。

繁山という名の浪人から得た情報を頼りに次郎兵衛は立花屋へとやってきた。成る程かなりの大見世である。と同時に、あの明け方に迷い込んだ方向や距離とも合っているようにも思えた。

「無作法も無粋も承知している。一度だけ遊ばせて貰えないだろうか」
「ですがね、八重橋はこの見世でも筆頭の座敷持ちだ。初回じゃあ…」
「構わないよ。用があるのは清久という娘だけだ」
伊達に初回遊びだけ何度も経験している訳ではないが、あまりしつこく迫って若い衆を呼ばれれば、そのまま大門の外に叩き出されてしまう。
「お客人、どこで名前を仕入れたか分かりませんがね。清久は突き出しも済んでない振袖新造だ。初馴染みにゃ段取りも相手も八重橋の面子ってのがあるんでさ。アンタが単に水揚げすンのが趣味ってだけなら…」

番頭の言葉に下卑た色が混じった刹那、足元から鈍い音が響いた。

次郎兵衛が床板に掌を叩き付けたのだ。その手をどけると、
「六両ある。名代として顔を合わせるだけで構わない。宜しいだろうか」
高級遊女の馴染になる迄の総額を超える。これには番頭も目を丸くして頷くしかなかった。

そのまま次郎兵衛は引付茶屋ではなく空いている座敷に通された。金が物を言った、というよりは近くに置いて牛太衆に見張らせた方が良いという判断だろう。
酒も食事も芸者も入った座敷の中で、次郎兵衛はぽつんと独り己の中に灯る炎の存在に驚いていた。

(江戸でも質素に暮らしていて良かった…が、今夜の出費は口が裂けても人には話せないな)

このまま上州に戻れば“己”など全く身体の中に居らぬ生活が待っている。
おそらくどこまでも平穏で、平凡で、虚無の広がる人生が。
もしかしたら自分は、その前に何かとてつもなく阿呆な事をしでかしてやりたかったのかも知れぬ。

金の殆どを使い切って、慕い合った女の為ならまだしも、いっとき顔を合わせただけの少女にもう一度会う為だけに吉原に来てこうして肩身を狭めて座っている。

何とも痛快ではないか。柿右衛門あたりが聞けば大笑いを通り越して絶句するだろう。

そんな事を考えていると、いつの間にか障子が開いていた。そこに座っていたのは、

「八重橋花魁が名代、清久でありんす」

次郎兵衛は息を呑んだ。そこにいるのは確かにお清だった。しかし化粧を施され美しい着物を纏ったその姿は、無垢な少女とはうって変わって、傾城花魁そのものであった。大きな瞳は一度交差した後伏せられたまま、薄く笑みをたたえているだけである。

ふと視線をずらすと、お清の後ろに童女が隠れる様に座っていた。恐らく八重橋の禿なのだろう。不安そうな瞳の奥がどことなく懐かしく感じられた。その視線に気付いたお清は、
「申し訳ございんせん。世話の手の者が足りずに…これ、珠江、お客人に御挨拶をしなんし」
「よいよい。姉さんが近くに居らずに不安なのだろう。ほら、珠江とやら。ここに来てごらん。菓子をやろう」
そこで漸く禿の表情が晴れた。

これが、次郎兵衛とお清が交わした会話らしい会話であった。
酒を飲みながら次郎兵衛は一人己の身の上話をした。明け方に戻る事も。
それ一つ一つにお清は、只々静かに笑って頷くだけであった。

夜も酔いも深まり、次郎兵衛は添い寝も断り皆を下がらせ、座敷で横になっていた。

(何ということはない。だが今宵の出来事は己の今生にとって充分だ。充分過ぎた)

いつ振りか分からぬ、心地良い眠りに誘われていた。
すると間もなくして次郎兵衛を揺り起こす手があった。明六つまでにはまだ時が早いはず。無理を言った腹いせに牛太郎が起こしに来たか。
そんな事を呆っと考えながら、仕方無く次郎兵衛は眼を開けた。

「お清だよ!」
「?!?!?!」
思わず大声を出しそうになる口を手で必死に押さえた。
目の前に居たのは廓の新造ではなく、霧の中の少女であった。
「次郎兵衛さま、こっそり外に出ない?」


あの時と、同じであった。

日が昇る前の薄明かり。濃い朝霧の中、砂利を踏む音が鼓動と同じ調子で響いていた。
「お清驚いたよ!また次郎兵衛さまに会えるなんて」
ここに至る迄には随分と苦労があった。という事は無粋であろうと次郎兵衛は口を噤んだ。
「驚いたのはこちらの方だ。まさか筆頭八重橋の振袖新造が、朝方抜け出して道中の稽古をしているとは露とも思わぬ」

「…お清は、立派なおいらんになるんだよ」

振り返ってお清が眼を細めた。
その瞳の奥に淋が宿っているのに気付いた次郎兵衛は総毛立った。己の心の篝火を見た後だからであろうか。あの時の薄暗い感情が、激しく波打った。

「お清…お主はこの様な苦界にその身を置かれて何故そう無邪気に笑えるのだ。己ではどうする事も出来ない、この先決して晴れる事の無い霧の中で……誰でも簡単に死んで、簡単に忘れていくのに!」

次郎兵衛の言葉は最後、お清を捉えてはいなかった。

自分と、同じ。同じはずなのに。なのに何故。

「次郎兵衛さま、泣いているの?」
「違う…これはお前の為ではない。己の為の、卑しい情なのだ」
兄の死と、父との光景が蘇る。

「次郎兵衛さま、お清は嬉しかったよ。次郎兵衛さまが沢山吉原に来て、お清を探してくれた事」
「お主、何故それを…」
「十平と団次郎さんが話してるの聞いたの。嬉しい事、優しい事。次郎兵衛さまがして欲しい事、只々無心にお清にしてくれた」
霧が、苦界から身を隠す様に二人を包んでいる。

「ねえ、次郎兵衛さま知ってる?霧と雲って同じモノなんだって。山に雲が掛かれば、山に居る人は霧だって言うけど、地上に居る人にとっては雲なんだって。
 だからね。私にとって此処は霧の中なんかじゃなくて、雲の上なんだよ。
 そう思って生きていけば、どんなに辛くても、幸せはきっと見つかるはずだよ。


 だって次郎兵衛さまは、お清を見つけてくれたもの」








風が  吹いた。


そして次郎兵衛の人生を覆っていた霧が晴れ、清々しい光景が広がっていたのである。

何だ これは。

こんなにも簡単に、人は人に佐(たす)けられるのか。

「次郎兵衛さま、ねえ見て。雲の中の花魁道中だよ!」
お清が満面の笑みで霧の中、外八文字を踏む。
霧中の振袖新造の稽古は、次郎兵衛にとっては確かに、雲の上の花魁道中。
いや、
浮いた雲の様な霧の中を進む、お清という少女の道中であった。


気付いたときには、次郎兵衛はお清を抱きすくめていた。
「あれ?次郎兵衛さま。次郎兵衛さま?」
空いた腕をぱたぱたと振るお清の声を聞いて、漸く次郎兵衛は我に返った。
「すまぬ…なあ、お清。お主が立派な花魁になる頃、私はきっとまた江戸に戻って来よう。その時はまた逢ってくれるか」
「?次郎兵衛さまはお清を身請けしてくれるの?」
「は、早まるでない。お互い朝霧での成果が出たか確かめ合いっこだ」

霧の世の救い主は、再び全てを吹き飛ばす笑顔で応えた。
「うん!お清は立派なおいらんになるんだよ!」










あの日、総てを救われた。

霧の花街で憂世の彼方を見せてくれた君に。

ならばせめて、君の周りの霧を私が晴らしてやりたかった。

だが私は気付けなかった。このときは知る由もなかった。

君の笑顔に救いを求めるあまり、その笑顔に霧を掛けたのは、他でもない私自身だったのだ。



「浮霧道中 -異聞・憂世彼方-」終
スポンサーサイト

| 舞台 | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuusukemurata.blog130.fc2.com/tb.php/1381-ce940a9a

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT