村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「浮霧道中」其之参「清」中

それから暫くして上州から再び文が届いた。祝言の手筈が整ったので帰参せよ、との旨であった。
数日の間には江戸を出立しなければならない。
準備は既に済んでいた。が、次郎兵衛はなかなか宿を出ることができなかった。
霧の中の光景が、否、霧中に浮かぶあの娘の姿が、次郎兵衛の脳裏から離れなかったのである。

またね

あのとき、お清の口が形作ったであろうその言葉。その意味について次郎兵衛は数日、薄ぼんやりと思案していた。
『吉原は拍子木までが嘘を言い』
という言葉通り、おそらく遊女の手練手管なのであろうが、およそ苦界に生きる女郎らしからぬ無垢な笑顔が次郎兵衛の心を波立たせていたのだ。

あの笑顔が本物ならば、彼女は己の居る所が地獄と知らぬのか。それを知ればあの娘の顔にも霧が掛かるのであろうか。自分と同じ様に。

その様な薄暗い想いが首をもたげた。が、次郎兵衛は、
「なに、奇妙な縁で顔を合わせた間柄だ。餞別代りに遊んで行き、別れの挨拶をするのも江戸の粋らしいではないか」と、もっともらしい理由を並べて己を納得させた上で、漸く腰を上げたのである。

しかしながら次郎兵衛には吉原遊びの覚えもなければ、お清が何処ぞの遊女かも皆目分からない。
角吉に頼み込んで教示を受けるのも一手ではあるが、妙な勘繰りをされても面倒だ。
そこで次郎兵衛は暮六つの鐘が鳴る前に五十間道にある茶屋に入り、お清という名の女郎が居る見世がないか聞いて回ることにした。それらしい話を聞けば金を払い、口も利かぬ初回遊びをしては翌日別の見世を探す。三日も経たずに「床入れもしたがらない田舎の妙な吉原狂いが現れた」と、界隈で噂が立ち始めたのである。
しかし次郎兵衛。なに、もう金輪際吉原に来る事もなかろうて、と、気にも留めない。

それでもいよいよ出立の引き伸ばしも限度を迎える。今宵逢えなければそれまでの縁だったという訳だと、次郎兵衛は細見片手に吉原行きの男衆を捉まえては話を聞いて回った。

「私も長い事吉原で遊ばせて貰っているがね。お清という名の花魁は聞いた事がないね」
通い慣れているだろう初老の商人はそう言って茶屋から出て行った。
「旦那、引付茶屋に行くならそろそろ大門くぐらねえと」
茶屋の主人にそう言われ、次郎兵衛は仕方無しと立ち上がろうとしたときだ。

「おせいというのは清の字を書くのか?」
「いえそこまでは聞いておらぬのです」
横からの声に思わず応えてから、はてと振り向いた。そこに立っていたのは一人の浪人風体の男。
よくよく見ると次郎兵衛が見惚れる程の美丈夫である。だがその顔立ちには不釣合いな、みすぼらしい着物を纏っていた。
次郎兵衛が困惑していると、その男は次郎兵衛が広げていた細見の一端を指差した。
「もしそうであるならば、立花屋の清久という女郎がそうかも知れぬぞ」
それだけ言うと男はそのまま茶屋を出て行ってしまった。
「あの方は?」
「繁山様ですかい?どこぞの御武家様の次男坊でよく吉原に通ってたんですがね。お家が改易されたとかで今じゃ時たま河岸女郎を買いに来る程度。近頃やや子が生まれたばかりだと聞いてたんで不憫でねぇ…」
主人の言葉を受けて、次郎兵衛は遠のく男の背中を見送りながら思った。

不幸であれ、豪雨の如く劇的であったならば…己の今生が霧の中にあるような思いをせずに済んだのだろうか、と。
スポンサーサイト

| 舞台 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuusukemurata.blog130.fc2.com/tb.php/1380-ec8bb84c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。