村田佑輔ブログ◆天佑不待

役者・村田佑輔によるアレやコレやソレ

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

永い時

文庫本が出ていたので、すかさずゲットしてしまった。



大好きなエマノンシリーズ。
梶尾さんに馴染みのない人には「黄泉がえり」の作者さんと言えばお分かり頂けるだろうか。
挿絵を手がける鶴田さんの同名漫画が出会いでした。

こーゆー「永い時間を独り生きる」というようなテーマが大好物なのです。

僕は一度だけ舞台の脚本演出を手掛けたことがあるのですが、この作品にも多大な影響を受けました。
あとは「火の鳥」と「トライガン」ね。



様々なジャンルのインプットの積み重ねが、いつかのアウトプットに繋がっていく。
もっといろんな作品に触れていきたいなぁ。
スポンサーサイト

| 日記 | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稽古動画(ちょっと前の)

舞台本番で編集作業をほったらかしにしていた(汗)動画デース。
しかも今回途中から編集ソフトが使えなくなってしまい、かなりやっつけです(>_<)








課題手のテーマは、Wカップということもあり「マラドーナ」らしいです。
次々にドリブル突破していくイメージ……て事かな(^_^;)?

まぁ、かの三船敏郎さんもラグビーのプレーを見て殺陣の参考にしたというし。

あ、因みに定点撮影時のみ、ちょこっとだけ僕も映ってます(笑)

| 殺陣 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クマさん




どーん

クマさんケーキだ!

夕べは殺陣稽古終わりの飲み会で、道場の皆に誕生日を祝ってもらいました(≧∇≦)




別現場に行って稽古を欠席していたメンバーも、駆け付けてきてくれました。
ありがたやー


| 日記 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございました!

皆さん、沢山のメッセージありがとうございます。

昨日、無事に誕生日を迎えることができました。



前日、前回舞台の共演者の宅飲み会にて。日をまたいだ直後にサプライズでお祝いしてもらいました(((o(*゚▽゚*)o)))うれしーよー!


節目の歳です。更に気を引き締めて、邁進して参ります。
応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

| 日記 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼泪オフショット祭り④

あ、もうそろそろ自分が写ってる写真なくなってきた(^◇^;)

今回はこの方々だっ!





吉備国長の妻、「伽俄糸」役の【大滝静香】姐さんである!
我が主の奥方ともなれば、焔の忠誠心も強いわけで。
旦那様と仲良く尻に敷かれておりました(笑)
皆を優しく見守っていると思いきや、双剣で魔人の如く戦うカッチョいいお姉様なのです。





そして伽俄糸の妹「梅香」を演じた、まっきゅんこと【松山由紀子】姐さん!
本編では語られていないがこの二人、きっと仲良しだな(笑)



「萌えじゃねえか!そこが萌えだろ!!」by 比古丸(笑)

まっきゅんは稽古でも、空き時間に殺陣の自主練を欠かさない努力家で、お陰で自分の身も引き締まりました(`_´)ゞ


姉妹vs神楽の殺陣はカッコよかったな~(≧∇≦)

| 舞台 | 01:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきたぞー

舞台終演後、はじめての道場でしたー





いやはや疲れた~!

いうても「鬼泪」では量的にはそこまで殺陣は大変じゃなかったからな。
身体が鈍っておる(。-_-。)






久方ぶりの「馬賊」坦々つけ麺!

| 殺陣 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼泪オフショット祭り③

写真全部載っけたらこの祭りいつ迄続くんだ?!

と思ってたけど、意外に自分が一緒に写ってる写真少なかった(´Д` )

一緒に撮ろうよ、と言う勇気!(笑)


さて、今回はこの人!




ナムジンを演じた「タケ」こと【吉本剛士】君!

コヤツ、普段ゆるふわな笑いを誘う演技をするクセに、シリアスなシーンのエネルギーも凄いのだ。
油断ならねぇぜ。





サラン役の【山田玲奈】ちゃんとは従者コンビだ。
いつも笑顔が眩しい玲奈ちゃんだが、このショットだけ何故か真顔(笑)


そして因みに…

僕を入れたこの3人、実は同い年なんです(≧∇≦)


舞台上で焔は彼らを嫌っているようなシーンしかありませんでしたが、ヤンを倒すとき、彼らの怒りや悲しみを請け負って刀を振ったつもりです。
故国への思いが強い焔だからこそ、帰る場所を失った彼らに憐憫の情を抱いていたのかもしれませんね。

| 舞台 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |